もぶわさおの「ダメ人間さんいらっしゃい」ブログ

技術系ブログにしたかったのにそうもいかなくなったけど、閉鎖するのもアレだからなんか書くブログです

MRIによる閉所恐怖症について

f:id:mob-wasao:20190315221143j:image

MRIさん

わさおは今、病院に入院してます

まあ、色々ありまして…

 

せっかくなんで、今回体験した

MRI こわい」

について、感じた事を書いてみようと思います

 

体験なので、人それぞれかもしれませんが、MRI(特に頭部MRI)が怖いと感じる人には一助となるかもしれません

※予め言っておきますと、オープン型MRIの話ではありません。悪しからず

 

さて

 

わさおは最近、自分が閉所恐怖症だと思うようになりました

 

話は数日前に初めて受けた頭部MRI撮影の時まで遡ります

 

まずMRIとは、写真の通りの姿をしておりまして、真ん中の空洞に身体を入れて、身体の内部の状態を撮影する装置のことです

CTとの違いは、放射線ではなく、磁力の力で体内の状態を確認できるので、被曝リスクが下がることですね

 

わさおの場合、首だったのですが、頭部全体の撮影になりました

 

MRIの撮影段取りは以下のようになります

 

①金属類を外す(金歯、銀歯みたいに外れないのはOK)

②台の上に仰向けで横になり手を組まされる

③右手に緊急中止ボタンを渡される

④耳栓をつける

⑤台に頭を固定する

⑥鉄仮面みたいのを被せられる(ジャギみたいな…と言ってもわからないか(笑))

⑦身体が動かないようにベルトで固定する

⑧更に足も固定する(ブロックみたいので)

⑨機械の中へGOする(頭方向からイン)

 

時間にして20分なのですが、まず、

④耳栓をつけられたのはいいのですが、

⑥のジャギ仮面で視界が格子のように遮られ、かつ、音がこもり、密閉された感じになり、いきなり不安になりました

仮面の存在が、距離感を狂わせてくる気もしました

 

⑦⑧は拘束です

そんなにガッチリはしてなかったけど、身体がデカいわさおは、左右に詰め物されて、尚更窮屈でした

 

そして⑨で不安はピークです

肩幅ギリギリ、鉄仮面から数センチしか距離のない暗闇に押し込まれたのです

しかも、上半身くらいまで機械に入っており、腿から先くらいしか機械から出てない(気がしてましたが、自分では確認できないです。頭が固定されているので)

何故だか超怖いのです

息ができなくなるのでは?という恐怖もありました

 

音が怖いという方もいらっしゃるようですが、わさおは音ではなく、この閉鎖された身動き取れない空間が果てしなく怖く感じたのです

 

火葬場の火葬室はこんなでしょうか…

 

わさおは20分我慢できました…

汗びっしりでしたが、機械から時折出てくる風を感じながら、目を閉じてやり過ごす事に成功しました

やったよ、わさお

 

そしてMRIは、わさおに不安と恐怖を植えつける事に成功したのです…

 

映画なんかで、部屋の底から水が湧いてきて、天井付近でアップアップするシーンを見て、わさおは怯みますが、あれと同じ感覚だった気がします

 

そんなこんなで、ここからが本題

 

数日後の本日、初MRIの恐怖も消えないわさおに、第二弾のMRI撮影が待っていました

とはいえ、病院は違うので同じMRIではないはずです

 

まず、結果から言うと、

「こわくない」

でした

 

時間は30分ほどだったのですが、怖くなかったのです

何故怖くなかったのか?

 

MRIはGEのトンネル型MRIでした

今日のは東芝のトンネル型MRIでした

 

昨今は圧迫空間が苦手な方向けに、オープン型MRIというのがあるようです

残念ながらわさおはオープン型に入った事はありませんでしたが、東芝MRIでは我慢することなく耐えられました

 

何故でしょうか

 

まず、鉄仮面が視界を遮るのですが、露出部分が大きかったこと

そして、鉄仮面にミラーがついていて、見ると天頂方向が見えていること

 

が理由としてあがります

 

他にも

MRIの径が大きく、壁までの距離があること

拘束が緩く、足は自由だったこと

音はうるさいが、耳栓されてなかったこと

肩口くらいまでしか、機械に入っていないこと

などが理由かと思います

 

もしMRIに不安のある方は、このあたりを確認してみるといいのではないでしょうか

 

逆に病院の方にお願いしたいのは

・経過時間と予定時間を見えるようにしてほしい

・問題なければ、周りで作業するなり、人の気配をさせていて欲しい

・頭部先端を上り坂にして欲しい

といった事ですね

鏡をつけて外が見えるのもありです

 

ではでは

 

 

ブックオフの宅本便で本を売ってみました

わさおです

最近、部屋の片付けがてら、メルカリなどで不用品を売ってます

まあ、売ってはPCエンジンのゲームを買ったりしてますけどねw

まだだいぶ売り越しです

 

さて

ワタクシ、昔から物を捨てるのが苦手です

特に「物理的には使えるけど、論理的には使えない」みたいなものが一番困ります

…意味がよくわからない?

 

例えばパソコンとかは、古くても電源入れれば起動するけど、遅くて作業にならない、とか

本で言えば、読めるしキレイだけど、情報が古い、もう覚えてる、調べる必要がない、など

 

で、実家には仕事柄で使ってたIT系の本と、引越し先に運んでない漫画などが残っていました

実家はスペースありまくりだから片付ける必要もないのだけれど、使わないものを時間と共に劣化させるのが嫌なワケです

 

そんなワケで本を処分しようと考えたワケですが、方法論として前述の通り、捨てるという選択肢がない以上、売るなりなんなりしかないワケです

 

ワケワケうっさいっすねw

 

で、まあ、ブックオフなりなんなりに送ることにして、最悪、値段がつかなくても返品されなきゃいいや的に売ってみました

 

ちなみにブックオフに売るというのは世間的には、非常に評判が悪い(当方調べ)

値段が安いだ、不明瞭だと、言われたい放題ですが、何故ブックオフにしたかというと

①返品されない

②手慣れてるからスムーズ(手続き的に)

③20パーセント買取アップキャンペーン中

④なんかもう箱詰めと運搬で疲れちゃったし…

だったからです

 

はい

f:id:mob-wasao:20190206121108p:image

使ったキャンペーンはこれでした

(アフィじゃないよ?)

 

ちなみに送ったのは、

①IT系の技術書 3箱

②コミック、小説 3箱

です

技術書も古いのはコンパイラの作り方の本とかから、新しいのはiPhoneアプリの作り方系まで様々

漫画は一律古めでした

(かってに改蔵とか、そんな時代の)

f:id:mob-wasao:20190206074733j:image

身バレ防止のマスクはしてますが、送り状

20キロ×6箱とあります…

ひゃ、120キロかい!?そんなあるかい?

うれしー、電卓持ってきてごらん?w

 

箱に詰めてオンラインで入力

箱数とか入力すると、送り状は印刷してもってきてくれるからラクです

 

入力後のメールはこれ

f:id:mob-wasao:20190206074738p:image

おい、待て

箱数入力して集荷のメールで「一箱15キロ程度」とか書いてあるし

先に言えよ、順番逆だろ?

箱詰したから箱数入力できるんだろが…

 

まあ、世間の評価に相応しい感じを味わいつつ、「売れたら売り、売れなかったらあきらめる」コースを選択

(すいません、コース名忘れました。意訳です)

「嫌だったら返品コース」もありますが、そこまで丁寧に売りたい方は、最初からメルカリや古本屋に持ち込む事をオススメします

返品には送料かかりますでね

…ひゃ、120キロもあるかい!?

よーし、うれしー。もう一度電卓だ…に、なりますからね?

 

はい、2日経過で査定完了!早い!

f:id:mob-wasao:20190206084238p:image

おおー、2000円くらいになりました

安いかな?

…安いんだろうね、世間的には

 

しかし、私が調べた世間的な評価は、

①安すぎる

②値段がつかないのが多い

ブラックボックスすぎる

④値付けが不安定

という声が大半でした

確かにサマリーだけだとそう感じますね

290点も値段がつかなかったことだしね

せめて290円にしてよ、という気持ちにもなります

 

しかしですよ、ブックオフが好きかはさておき

①ネットで買取プロセスを効率化している

②送料は少なくとも1箱1000円はかかろう

③銀行振込手数料もかかる

④当然、人件費もかかる

⑤場所代、店舗への輸送費もかかる

などを考えると、少なくとも2000円(買取価格)+配送料(6000円)+振り込み手数料(300円)くらいはかかってるんちゃいますかね

 

もちろん、世間的評価さんは、他店とも同条件で比較しているでしょうがね

 

わさおは満足かというと、全然満足ですよ?

だって、お店が支払った価格は決して安くない

私には妥当だと思えました

 

ま、時間とかある人は、メルカリなりとか、他店とかと比較して、コツコツやる事をオススメします

わさおみたいにズボラな方には是非この方法をオススメしますですよ

 

ではまたー

屋根裏部屋作成の話 20190127

一月も終わりかけに差し掛かっています

作業、全然進んでませんorz

やはり年末年始は何かと忙しいせいでしょうか

さて

f:id:mob-wasao:20190127215044j:image
f:id:mob-wasao:20190127215054j:image

こちらは一番最奥の壁際

断熱材を置いた側とは反対側に床を敷きはじめました

というのも、壁の断熱と天井断熱をするにはとにかく床がないと作業しにくいからです


f:id:mob-wasao:20190127215105j:image

これが最奥の天井付近

奥の壁の断熱はウレタンフォームの断熱を使用する予定です

というのも、グラスウールを生で扱ってチクチクしたくないからです

 

ちなみに屋根の裏側にはロックウール断熱材を用意してますが、まだうまくフィットするか、確認もしてません(汗)


f:id:mob-wasao:20190127215101j:image

 屋根裏にある地デジアンテナ

邪魔だから母屋の向こうに移設したいけど、ケーブルの長さが足りない

アンテナケーブルがあれば、延長してどかします


f:id:mob-wasao:20190127215058j:image
以前お話しした木々しい梁の延長はこんな感じ。L字金具で延長してますが、かなり硬いので踏んでも大丈夫


f:id:mob-wasao:20190127215108j:image
f:id:mob-wasao:20190127215049j:image

これらは埋めなきゃならない段差

ホームセンターに行くと端材が10円くらいから売ってたりするんで買ってもいいし、何か候補があるなら自分でなんとかしてもいい

端材はほしいサイズあるかわからないから、メモにして持ち歩き、都度見てみたらいいと思います


f:id:mob-wasao:20190127215031j:image
f:id:mob-wasao:20190127215027j:image
f:id:mob-wasao:20190127215112j:image

最後にこれ

今はコンセントの口が付いてますが、ゆくゆくはここに屋根裏部屋の電灯スイッチを付ける予定です

 

まずは枠を作りました

配線はいつになりますやら

まとまった作業時間が欲しいです…

屋根裏部屋作成の話 20190104

あけましておめでとうございます

今年は平成最後の年です

…関係ないですね(汗)

 

さて

昨年末は2x4梁を渡し、その上に板を貼る

2階天井裏の掃除をし、透湿防水シートを貼る

…という内容の施工をしました

まずは写真を

f:id:mob-wasao:20190121071442j:image
f:id:mob-wasao:20190121070742j:image
f:id:mob-wasao:20190121071447j:image
f:id:mob-wasao:20190121070818j:image

壁の奥の方にピンク色の丸まった筒があると思いますが、アレが透湿防水シートです

(1枚目の角に対角に走った赤い板は火打ち梁(だっけな?)です。鉄製。これは既存のものです)

 

さてさて
f:id:mob-wasao:20190121070827j:image

こいつの出番です

グラスウール断熱材

断熱材は色々種類があり、素材や機能も様々ですが、ウチが買ったものは、高機能型

100mm厚で密度24k。幅と長さはまあ、適当なものにしました

というのも、幅とか長さは、壁や屋根のように、桟が走ってる時には意味をなしますが(桟と桟の間に断熱材を入れるので)、ですが、天井裏の場合には置くだけなのであまり関係ありません

…まあ、短い方が取り回しがいいかな?くらいで選んでます

 

さて、結構前に話をしましたが、断熱材には、フィルム入りのものと、そうでないものがあります

フィルムは透湿防水シートの代わりを果たす役目があります(これがないと断熱材がカビる)

で、わさおが入手したこの断熱材は4片しかフィルムに覆われていない、とモノタロウの書き込みで読んだのです

つまり、切断箇所の2片はグラスウールがむき出しである、という事で、そこから湿気やら何やらが入って断熱材をカビさせる可能性がある

だから、時間をかけて、天井裏に透湿防水シートを貼ったわけです

 

あと、グラスウールは空気中を舞い、チクチクするらしいので、完全防護体勢を取りましたf:id:mob-wasao:20190121070846j:image

「…………」(死に向かいて感慨もなし)

えー、まずウィンドブレーカーです

表面がつるつるした素材なので、グラスウールが滑り落ちます

マスク、ゴーグルで顔を保護

手袋はエド・チャイナ仕様

首元や袖口はベビーパウダーを塗り、首元には更にタオルを巻いてます

ここまでしても刺さる可能性は否定出来ず、事前に風呂の入り方などを調べておきました

(熱いシャワーで皮膚を開いてグラスウールを洗い流し、冷たいシャワーで締める、みたいな感じに書いてあった)

 

では、意を決して開封
f:id:mob-wasao:20190121070822j:image

こんな感じ

記載がありますが、今見えてる面が室内側に来るよう施工するとありますので、写真の状態から裏向きにして置けば…ってあれ?

6面ちゃんとフィルムに入ってるじゃん!

なんだよー!

透湿防水シート貼った手間と時間返せよー!

…とまあ、こんなこともあります

 

せっかくの装束は無意味になりそうですが、念のため、例の姿のまま作業しました

無意味に暑いです…
f:id:mob-wasao:20190121070746j:image

透湿防水シートを貼れなかった壁の奥の方は念入りに厚く施工しました

2枚重ねにしています


f:id:mob-wasao:20190121070804j:image
f:id:mob-wasao:20190121070813j:image

この作業は順調です

部屋が快適になるという予感がします

いい感じに隙間なく並べています

(なんか天井板に釘があったりしてorzとなった箇所もありましたが)

 

ちなみにフィルムがかなり薄い

手繰り寄せただけで破けたりしますねf:id:mob-wasao:20190121070809j:image
f:id:mob-wasao:20190121070750j:image
f:id:mob-wasao:20190121070754j:image

ぎっしり詰め込みました

6畳に24枚かけました

寝室の上だから、ひときわ念入りにしたかったのです

 

ちなみに、置くだけですよ

タッカーも何もなく、スキマを作らないようにぎっしりとね

 

やりました!

これで寝室上の断熱材施工が完了です!

これから先は本来の屋根裏部屋作成作業に戻れます

頑張りますよ?

信長の野望 蒼天録

f:id:mob-wasao:20180626121528j:image

わさおはPC98時代から信長シリーズをプレイしてますが、その中でも最大のヒット作がこの「信長の野望 蒼天録」です

2002年に発売されたので、ゆうに10年を経過してますが、未だ頑なにプレイを続けてます

 

Windows8以降だと、古代のCDプロテクトが仇となって起動できなくなり、やむなくVM上にXPたてて起動してましたが、VRAM4MB時代の産物なので、地図のスクロールが超速すぎてプレイに支障を来してました

また、戦略フェーズが早すぎて自分のターンが確保できないなど、切なすぎる動作状況にストレスフルでしたが、近年、steamにて販売されているものを購入して、ようやく安定したプレイ環境を手に入れました

 

とはいえ、カミさんからプレゼントされたソースネクスト版の蒼天録、蒼天録withPKは墓場まで持ち込む所存です

 

さて

 

蒼天録は

家臣プレイ可能、内政省力化、箱庭ではない信長です

 

紆余曲折信長をプレイしてきて

・箱庭(地図で農地やら町やらを作る)は面倒くさすぎる

・大名ではなく家臣で謀叛プレイしたい(久秀とか)

・戦より謀略(引き抜きとか、内乱とか)で争いたい

という欲望を叶えてくれるゲームです

 

ただし、信長シリーズファンの中でも一、二を争う「ファンの少ない」作品だと思いますが、ワタクシ的にはこれがほぼ最後の信長となっています

 

屋根裏部屋作成の話 20181230

2018年も残り2日

今年の作業はこれで最後になりそうです

 

早速写真から

f:id:mob-wasao:20190120073324j:image

パノラマです

わさおのあんよが見えてますが…

入り口から奥方向に見た写真です

 

昨日終わってなかった壁際の床の仮設置も終わりました

これで屋根裏の1/4に床が貼れた、という事にしといて下さい(笑)

厳密には母屋(もや、と読むみたいです)の先には床板を貼ってないので…

(母屋より先は天井が近くてスペースが使えないから)

 

年内の断熱材設置には間に合いませんでしたが、足場はできたし、透湿防水シートはできたので良しとします

 

来年はいよいよ断熱材を配置しますよ!

お楽しみに!

(…まあ、見てる方は楽しいかわからないけど)

 

よいお年を!

屋根裏部屋作成の話 20181229

年末の寒波にそなえ、寝室の天井に断熱材を入れたいと急ピッチで作業を進めて….いきたかったんですが、今年は28日まできっかり営業日でした

 

床貼りこそ、そこそこ進んだものの、透湿防水シートの張込みが難航してます

単に作業量が多いせいです

 

さて

f:id:mob-wasao:20190119073956j:image

これが私の暫定工具箱

会社のゴミ捨て場にあったおかきの缶がいい感じに頑丈そうだったので拾ってきました

私はアマチュアなので、あまり工具にお金を割きたくないと考えていますが、これくらいはやはり必要になりました

しかしながら、道具は手段であって目的ではない、と常に自戒していますよ?(笑)

 

ちなみに工具箱にあるのは

・電動ドリル(下穴用キリ)

・電動ドリル(プラスドライバー)

・電動タッカー(ホチキスの針出る奴ね)

コーススレッド(3.8x65の半ネジ)

・直角定規

・巻尺

・ペンやら紙やら

スマホ充電器

・金槌

・ニッパー

などとなってます

 

作業してるとどうしても散らばり、凄い遠くに道具を置いてしまう事がありますが、ここに投げ込む癖をつけると、それもいくらかマシになります

 

さて、今日の終わり段階で以下のようになりました
f:id:mob-wasao:20190119073953j:image

写真左側、2x4梁が見えてる箇所は、入り口から最も奥の壁際です

壁際までは床の仮組みができました

今日はここまでになりそうです


f:id:mob-wasao:20190119074000j:image

最後にコレ、L字アングル

2x4梁は木々しい梁を避ける為の苦肉の策でしたが、床を貼るに際して、木々しい梁付近にもやはり床板は貼る必要があります

 

その際、木々しい梁を延長して床板の支えを作るのにコレを使いました

木々しい梁にこの金具を固定。金具に2x4梁を繋いで延長してやり、床板の支えとして固定します

 

しまったなぁ、写真足らないな

書いて説明してもわからないっすねw

後日、写真で説明します(笑)

 

ではまた!