ゴールジュわさおの四十路ブログ

技術系ブログにしたかったのにそうもいかなくなったけど、閉鎖するのもアレだからなんか書くブログです

信長の野望 蒼天録

f:id:mob-wasao:20180626121528j:image

わさおはPC98時代から信長シリーズをプレイしてますが、その中でも最大のヒット作がこの「信長の野望 蒼天録」です

2002年に発売されたので、ゆうに10年を経過してますが、未だ頑なにプレイを続けてます

 

Windows8以降だと、古代のCDプロテクトが仇となって起動できなくなり、やむなくVM上にXPたてて起動してましたが、VRAM4MB時代の産物なので、地図のスクロールが超速すぎてプレイに支障を来してました

また、戦略フェーズが早すぎて自分のターンが確保できないなど、切なすぎる動作状況にストレスフルでしたが、近年、steamにて販売されているものを購入して、ようやく安定したプレイ環境を手に入れました

 

とはいえ、カミさんからプレゼントされたソースネクスト版の蒼天録、蒼天録withPKは墓場まで持ち込む所存です

 

さて

 

蒼天録は

家臣プレイ可能、内政省力化、箱庭ではない信長です

 

紆余曲折信長をプレイしてきて

・箱庭(地図で農地やら町やらを作る)は面倒くさすぎる

・大名ではなく家臣で謀叛プレイしたい(久秀とか)

・戦より謀略(引き抜きとか、内乱とか)で争いたい

という欲望を叶えてくれるゲームです

 

ただし、信長シリーズファンの中でも一、二を争う「ファンの少ない」作品だと思いますが、ワタクシ的にはこれがほぼ最後の信長となっています