ゴールジュわさおの四十路ブログ

技術系ブログにしたかったのにそうもいかなくなったけど、閉鎖するのもアレだからなんか書くブログです

屋根裏部屋作成の話 20181223

前回、防湿層の話をしましたが、今回もその作業の続きです

 

年末に寒波がくるとの予報があり、断熱材敷設を急いでいますが、遅々として進みません

やはり平日普通に働いて、週末作業となると、疲れが抜けてないせいか、ヘトヘトです

 

ちなみにわさおは、近くのビバホームで木材や板を指定の寸法でカットしてもらい、ビバホームの軽トラで家まで運びます

 

しかし当然ながら木材も毎回好みのものが手に入るわけでもなく、入手に時間がかかる場合もあります

木材はなるべく節がなく、ソリのないものを選びたいので

 

あと、自宅玄関まで運んだ木材を屋根裏まで運ぶのも結構大変です…

これだけで一日終わることもあります

 

さて

f:id:mob-wasao:20190105011541j:image
f:id:mob-wasao:20190105011529j:image
f:id:mob-wasao:20190105011522j:image
f:id:mob-wasao:20190105011533j:image
f:id:mob-wasao:20190105011525j:image
f:id:mob-wasao:20190105011537j:image
f:id:mob-wasao:20190105011517j:image

写真を貼りましたが、特に語ることもなく、以下の繰り返しです

①2x4で梁を渡し、固定する

②仮の板を渡し、天井裏に溜まったホコリを取り除く

③防湿シートをタッカーで留めていく

 

何故一箇所一箇所、完成させて次へ進まないのか?と思う方もいるかもしれませんが理由は簡単で、グラスウール断熱材を扱う時間を短く済ませる為です

グラスウールは細かいガラス繊維で空気中を舞います

それが肌に刺さったりして、チクチクするらしいので、刺さりにくいように、ウィンドブレーカーのような服を着て、マスクとゴーグルをして作業をするのですが、そんな厄介な素材を何度もいじりたくないので、まとめて敷設してしまいたいのです

なので作業が並列化しています

 

ともあれ、年内もあと数日

28日まで仕事なので、何日作業できますやら